Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
    
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
オートグラフ・サイン、メモラビリア関係を集めて早4年。インターネット限定ですが、少ないコレクションを皆さんに少しづつお見せできればと。。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[NYヤンキース 松井秀喜 限定100枚直筆サイン入りフォト]
| - | | - | - |
博多文庫 ★博多ラーメン in K国
ご無沙汰しておりましたラーメントピックです。

雪は無くなったのですが、津軽海峡の連絡船上並みに寒いK国漢城です。

マイナス10度代が当たり前のように続き、それに加え湿気がほとんどないので、朝起きると喉はカラカラ、肌はガサガサになりやすいです。今までの人生で、リップクリームの減りがこんなに早いのは初めてです。

そんな環境下で日本の人と言えば、寒くなればラーメンを恋しく思う人種です。お昼でも、おやつでも、一杯の後でも、寒いこの季節は、ラーメンとのお付き合いなしなんて考えられません。

ここK国で日本のラーメンの味を諦めかけていた矢先に、九州男児の友人(すでに日本帰国済)が連れて行ってくれた博多ラーメンの「博多文庫」(韓国語読みで、ハカタムンコ)は、100%日本のとんこつ味、店内の雰囲気も日本、店員さんも日本語で愛想抜群、おまけにバリカタ、ハリガネなども注文可能です。

敢えて言えば、紅しょうががお寿司のガリということと、ホンデ大学(日本で例えると日芸や多摩美?)が近くにあり、日本のとんこつ味を知ってしまった韓国人学生が溢れかえっているので、通常30分から1時間待ちというのが問題です。

しかし大学がお休み中の今は、ほぼ並ぶことなしで食べれるので非常に助かります。とんこつラーメン5000ウォン、替え玉500ウォンとお値段はとてもリーズナブルで、体も心も暖まる博多文庫のラーメン、当分は離れられそうにありません。

説明が難しい場所なので、住所記載しておきます。

○博多文庫(韓国語読みでハカタムンコ)
昼は14時まで、夜は17時からスープなくなるまで。
住所:ソウル市麻浦区(マポグ)上水洞(サンスドン)93−28
TEL:02-338-5536(韓国)
  82-2-338-5536(海外より)

博多文庫
極東放送(ラジオ局)横の小道に赤提灯が光っています。

博多文庫
印ラーメンは油多め、清ラーメンは油少なめです。

博多文庫
ニンニクつぶしとゴマつぶしがテーブルに用意あり。

○最後に簡単ではございますが。。
今年もたくさんの方と出会うことができ、また多くの方に大変お世話になりました。今年も残り僅かですが、良いお年をお迎えください。今まで以上に来年も宜しくお願いいたします。
[NYヤンキース 松井秀喜 限定100枚直筆サイン入りフォト]
| ラーメン | 13:31 | comments(0) | trackbacks(7) |
ラーメン二郎 ★八王子野猿街道店、久しぶり二郎ぅ。。
久しぶりの二郎、それも実家のある八王子の二郎(八王子野猿街道店)に行ってきました。同じ八王子といっても、実家からかなり遠い場所にあり、それも夜の営業のみのため今まで全く訪問したことがない二郎でした。

場所は、公的交通機関では(営業時間的に)ほぼ行けないと言っても過言ではないところにありました。私は実家から自動車で行ったのですが、そこには人人人、明らかにご近所とわかる大学生がバイクや車を駆使して、押し寄せていました。

そこは、都立大、中央大、明星大、帝京大、多摩美大などの大学生のメッカとなっておりました。平日だったためか、女性客がいたとしても大学生、一般人は一人二人といったところです。

お店は10人程度のカウンター、ラーメンが出てくるスピードは二郎として、かなり早い方ので、店前が行列でも割合早くラーメンにありつけるお店です。二郎の中でも、スープ、豚、麺がどれをとってもかなりいけます。学生相手の店ですのでマシマシは、小金井店クラスと同じで超系となります。(しかし野菜の別盛は、この3月でなくなったとドアに掲示されていました。)

※土曜日は昼営業をしていたようですが、今はなくなっているとドアに掲示されていました。

あえていうならニンニクの千切りが若干荒いかなーというのと、野菜がシャキシャキすぎるのが、気になるところです。一緒に行った友人がちょっと食欲なかったので、少なめをお願いするとなんと店主はうずらをサービスで入れてくれました。メニューにはうずらがないんですけどね。

また近いうちに訪問したいお店です。昼間行かないように注意しないと。。。(汗)

ラーメン二郎
豚、野菜・ニンニクマシマシ

ラーメン二郎
店頭に10人ほど、店内に4人ほどが列。。
[NYヤンキース 松井秀喜 限定100枚直筆サイン入りフォト]
| ラーメン | 01:02 | comments(1) | trackbacks(0) |
宮古そば、★新しいジャンルに挑戦!
沖縄本島には”沖縄そば”がありますが、宮古島には”宮古そば”があります。スープの濃厚さ、上にのせる肉の質・種類が若干異なると一般的に言われておりますが、私は麺のこしとスープの濃厚さ(宮古の方がさっぱりと言われているが、私は宮古の方が濃くがあるように感じました)が異なると思います。

ジューシーに関しては、宮古の方が若干薄味です。

沖縄そば好きの私は宮古島到着すぐに、新ジャンル開拓かぁ?という期待と共にいざお店へ!と意気込んだのはいいのですが、どこのお店がよいかわからず宮古島空港で悩んでおりました。そこで現地宮古島の方に「古謝そば」というお店を教えてもらい食べにいったのですが、なんとこの古謝そばさんは長い歴史をもったお店でした。参照サイトをご覧ください。

お店の歴史にびっくりなのですが、このお店の味にはなんとこれまたびっくりです。ランチメニューにはセットがあるのですが、宮古そば(いわゆる標準タイプ)、てびちそば(豚足が具)、なかみそば(いわゆるホルモン系の具)が選べます。なかみそばは、ホルモンの臭みを消すためか上に生姜のすりおろしが飾られている点はかなりエグイです。またてびちそばは、豚足がとろーんと口の中で解けてしまい、コラーゲン100パーという感じです。セットの脇にもずくの一品が入っているなんて。。うれしさ500倍です。

歯ごたえ、味、スープとのマッチがどちらのそばもなんとも言えないハーモニーって感じです。

これらにお店の島とうがらしを入れると、なんともうそこはアイランド沖縄テイストを醸し出します。宮古島に行かれる際には、ぜひお試しください。俺の人生でもう一回宮古島あるのかなぁ〜。いやー、だけどおいしかったぁ。

しかし宮古島の現地の方には「宮古そばの方が沖縄そばよりうまい。」と言われ、沖縄本島にお住いの知人Tさんには、「それは逆ですよ。」と言われるし。。。両方を食べたのですが、どちらも甲乙つけがたいです。沖縄の人って、意外と島同士で競争し合っているのですよね。。(汗)

最後に古謝そばさんを教えてくれた、宮古島N産レンタカーのおばちゃんと宮里藍似のおねーちゃん、ありがとうございましたっ!

宮古そば
宮古そば

なかみそば
なかみそば、すいません一口行っちゃった後で撮影しました。

てびちそば
てびちそば=豚足そば

[NYヤンキース 松井秀喜 限定100枚直筆サイン入りフォト]
| ラーメン | 23:19 | comments(3) | trackbacks(0) |
サンマーメン、★初トライ
横浜生まれで横浜育ち、おまけにマイホームはローンを組んで横浜にマンション購入という友人が、以前サンマーメンという食べ物を教えてくれました。彼いわく神奈川横浜近辺のラーメンということでした。横浜に行くことは私の生活上、年に数回しか行かないのですが、毎度毎度サンマーメンを食べ忘れておりました。頭の中では、さんまのしょう油煮か何かがラーメンの上に載っていると想像するだけでした。。ニシンそばみたいなニュアンス。。

ところが1か月前に神奈川エリアに用事があり、JR横浜駅を通りすぎそうな時にサンマーメンのことを思い出し、咄嗟に途中下車したのでした。といってもどこにサンマーメンを食べることができるお店があるのかもわからず、横浜駅付近で路頭にくれておりました。

道がわからない場合には交番、ラーメン屋さんがわからない場合も交番だ!と勝手に思い友人の尻目も構わず、駅前の交番に行ってしまいました。駅前の交番のお巡りさんは結構急がしくて、相手にしてもらえないなかーと思いつつドアの開けようとすると、私に似た太め体系のお巡りさんが部下とデスクの狭い隙間を横歩きにすり抜けて、目の前まで来てくれました。太め体系の人間同士の暗黙の了解というか、目のやり取りというか何か呼吸が合いそうだなと私が勝手に思いながら、

(私が)「あのーちょっと失礼な質問かもしれませんが、サンマーメンというラーメンを探しているんですけど。。どこかおいしいお店ありますかぁ?」と聞いたところ、太め体系のお巡りさんは難しい顔をしながら。。

(お巡りさん)「サンマーメン?いやー、どうしよう。。横浜じゃ家系が最近はやりだし、サンマーメンはちょっと人気なくなっているけど、やっぱり中華街付近のお店が多いよね〜」と答えていただきました。

お巡りさんいわく、サンマーメンは商標登録か何かの制限で、横浜地域でしかサンマーメンは名乗れないそうです。でもって最近のとんこつ・太麺系の人気に押され、横浜駅付近ではサンマーメンを扱っているお店がすっかり少なくなったとのことです。

しかし1店だけポルタ(横浜駅ビル)の地下にある玉泉亭というお店を以前雑誌でお巡りさんはみたということでした。お巡りさんはそのお店に行っていないので、味は保証できないのでまずかったらゴメンねと教えてくれました。ほかの同僚のお巡りさんはサンマーメンという言葉自体も知らない状態で、太めのお巡りさんのサンマーラーメン雑学にただ関心していました。

5分程度歩いてお店に行ってみると小さなお店ですが、華僑の方の中華料理店とわかるお店でした。中もインテリアも中華街のコンパクト版といった感じです。。注文はレジで最初に行うのですが、入るお客さんのほとんどがサンマーメンをオーダーしていました。横浜在住の方にはやはりサンマーメンは定着している印象を受けました。。※若干お年寄りの方が多いかなーと感じですが。。

横の席のお母さんは五目そばを注文していたのでサンマーメンと見た目を比較してみるとサンマーメンには海鮮ネタがないことに気づきました。基本同じような色をしているのですが、エビ・木耳などないのです。その代わりといっては何ですが、もやしはサンマーメンの方が明らかに多いです。スープの味はやはり噂どおりすこし甘めで、麺は細めでチヂレ気味といった感じです。

甘めの味は甘すぎないレベルで独特な感じがしますので、食べたことない方はぜひ一度お試しください。私も次回いつになるかわかりませんが、中華街に行ったらまたほかのお店のサンマーメンを試してみたいと思います。ところで神戸の南京街にはサンマーメンってあるのかな〜?やっぱりないのかな?

最後に横浜駅前(シェラトンホテルがある方面口)のお巡りさん、ありがとうございました!

サンマーメン
サンマーメン

玉泉亭
玉泉亭、ポルタ地下でロッテリア横です

海
用事先で久しぶりの海
[NYヤンキース 松井秀喜 限定100枚直筆サイン入りフォト]
| ラーメン | 18:40 | comments(2) | trackbacks(1) |
★ラーメン二郎 仙川店、年始初訪問
おととい、年明け一発めのラーメン二郎に行って来ました。場所は仙川店です。年末ギリギリに神保町の二郎に2時間並び風邪気味になっていたためと、仙川店は新年9日までお休みでしたので、この時期まで二郎にいくチャンスがありませんでした。

去年の神保町では寒空の下、行列の最後に並び、なんとか食べることはできたのですが。。。なにせ最後だったため野菜が足らなくなってきて、野菜マシマシはできないといわれたり、閉店後に常連らしき客がきて、その人たちは並ばず(※当然といえば当然?)野菜入りの二郎ラーメンを食べていたので、小生のショックはとても大きく、このおとといまで精神的に引きずっていました。

自分でいうのもなんですが、そのトラウマはよほど大きかったらしく、今年一発めから「大、ブタ入り、野菜マシ、ニンニクマシマシ」をオーダーしてしまいました。今まで頼んだことないサイズです、それに当日は健康診断(もちろんバリウム飲んでまーす)だったのにもかかわらずやってしまいました。おまけに私の席の隣は、レフティーガイときたもんだで、私の右手と彼の左手でまさにタックル状態でした。

そんな折でも、仙川店主は麺を茹で上げする際に、何度も麺を見ながら何かを気にしているようでした。確かに私が食べている丼の麺も、去年と何か違うような気がしました。店主は相当気になるらしく、もう一人の店員と一緒に味見までし始めました。仙川店には何度も行ったことあるのですが、始めての出来事でこちらはびっくりしてしまいました。

しかし私はまだまだ二郎ビギナーでもあるため、何が違うか言葉に表現できないです、何か違うんですよね。良くなったとか、悪くなったというか。。そう、なんとも表現できないのです!もしこれをご覧の方で、仙川店行きまくっている方で、お気づきの方ぜひ教えていただければ幸いです。

そんなところで、今年一発めラーメンの写真です。また来週明けに仙川店行ってきまーす!

(※ちなみにいつも写真取るのを忘れてしまうんです。丼を渡されるとき、勝手に「ラーメン伸びちゃう〜!」と思って焦っちゃうんですよね。)

ラーメン二郎-仙川店大、野菜マシ、ニンニクマシマシ


ラーメン二郎-仙川店店頭前7人ほど


魔女のカレーとじらい家お隣とそのお隣さん、魔女のカレー屋さんとじらい家さんです。かなり気になります。
[NYヤンキース 松井秀喜 限定100枚直筆サイン入りフォト]
| ラーメン | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |